カードローンを利用する為のキャッシング審査比較サイト

最終更新日:2020年09月22日

銀行系カードローンを有効に利用する

複数のキャッシング利用に対して、カードローンを契約、利用をすることで、借入を1カ所に統一する「おまとめローン」にし、利息を低く抑える効果、毎月の返済額の低減などのメリットがあります。

複数のカードの返済日が異なり、管理の手間も削減されます。

所謂クレジットカードのキャッシング枠を利用した借入の場合、多くの利息は、年18%ほどではないでしょうか。現代においては、かなり高い利息設定です。それらと比較し、消費者金融系のカードローンの場合、契約する借入限度額の金額によりますが、限度額300万円程の契約ですと、利息は年7~11%ほどに抑えられるケースが多いようです。利息18%のカードを複数利用し、回しているような状態でしたら、審査が通ることが前提となりますが、早い段階でカードローンの契約申し込みをし、審査を受けることをお勧めします。利息・毎月の返済額の低減など現時点との比較で、有利な点が多いと考えます。

消費者金融系のカードも、限度額500万円や700万円などの大きな限度額設定のあるカードがありますので、「おまとめ」に必要な額を得る可能性があります。しかし、消費者金融系のカードには、年収の1/3以下までしか、貸し出ししてはならないという「総量規制」の法律の対象となります。

その為、いくらカード会社が最高限度額を高くうたっていても、実際に契約出来るのは、年収の1/3以下までの金額になってしまうことになってしまいます。この「総量規制」の対象外となるのが、所謂銀行系カードローン。分かりやすく表現すると、「○○銀行△△ローン」など、銀行の名が付いているカードローンは、総量規制対象外となり、年収の1/3の枠にとらわれない、申込者の信用度によって限度額が設定されるものとなります。

銀行系カードローンの、大きな限度額を利用して、複数のキャッシングを「おまとめ」するだけに留まらず、高い利息のクレジットカードで、家具や家電といった高額の買い物をするよりも、予め低い利息のカードローンで、必要額を借入しておき、買物をするといった使い方も利息を加味した、総返済額といった観点から考えると、有効な手段だと思います。

出来れば、余裕がある段階で、色々カードローンの契約審査・申し込みを済ませておき、いざ必要な際に、慌てることなく、どういった使い方をするのがベストかを考えてご利用出来る状態にしておくことを、お薦めします。

キャッシング審査比較ランキング|TOPへ

2 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です