カードローンを利用する為のキャッシング審査比較サイト

最終更新日:2020年02月22日

消費者金融のキャッシング審査の基準について

消費者金融は審査が即日回答なので即日でキャッシングをする事が出来ます。金欠の状態になった時に利用するとすぐに対応してくれるのですごく便利です。しかし消費者金融でお金を借りる時は審査が可決されないと利用する事は出来ません。消費者金融のキャッシング審査は誰でも可決されるわけではないので注意が必要です。そこで消費者金融のキャッシング審査の基準について見ていく事にしましょう。

・返済能力がある事が絶対条件

消費者金融の利用条件は安定した収入がある人となっています。キャッシング審査でも当然安定した収入がある事が重視されて返済能力があるかどうかで審査の可否は決まります。安定した収入とは月々に一定の収入を得ている事が重要になってくるので年収は少なくても構いません。しかし年収が多くても無収入の時期があったりすると収入が安定していないと判断されて審査が否決されてしまいます。消費者金融のキャッシング審査の基準は返済能力がある事が条件なので月々に一定の収入を得ておく事が大切になってきます。

・総量規制に接触していないのも絶対条件

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。キャッシング審査でも当然総量規制に接触していないかどうかを確認していくのでまず借入希望額が年収の3分の1以上で申請してしまうと総量規制に接触してしまうので審査が否決されてしまいます。また他社からの借り入れがあるとその分も含まれてしまうので総量規制に接触してしまう可能性も出てきます。キャッシング審査が可決されるには総量規制に接触していない事も条件なので借入希望額は年収に見合った金額を申請して他社からの借り入れがない状態で申し込むのがベストな方法です。

・信用情報機関の履歴もしっかり確認される

消費者金融のキャッシング審査では過去のキャッシング履歴やクレジットカードの利用履歴が残っている信用情報機関の履歴を確認します。キャッシングやクレジットカードを利用した実績が残っていれば信用されやすくなるので審査が可決されます。しかし返済が延滞したりしていると金融事故として履歴が残ってしまうのでキャッシング審査でも否決されてしまいます。キャッシング審査に可決されるためには事前にクレジットカードの利用実績を作っておくといいでしょう。

消費者金融のキャッシング審査の基準はこのようになっているのでしっかり頭に入れて準備するといいでしょう。

キャッシング審査比較ランキング|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です