カードローンを利用する為のキャッシング審査比較サイト

最終更新日:2020年09月23日

消費者金融と銀行系のキャッシングに違い

キャッシングを行う場合、大きく分けて消費者金融と銀行系に分ける事が出来ます。この両者には、どのような違いがあるのかと言うと、例えば、総量規制の適応の有無です。

総量規制とは、年収の1/3以上の借り入れを行う事が出来ないと言う法律で、この法律は消費者金融のみ適応されることになっています。その為、銀行でキャッシングを行った場合、総量規制適応外となってくるのです。

実際、この総量規制が適応される事で、どのような事が起こるのかと言うと、まずは、年収の1/3以上のキャッシングを行う事が出来ないと言う事。しかし、この規制が引っかかる事は、それだけでなく、年収の1/3以上と言う事で、年収が全くない専業主婦の人はキャッシングを行う事が出来ないと言う事になってくるのです。パートなどで収入のある人に関しては、その年収の1/3以内ならキャッシングを行う事ができるのですが、専業主婦のように自分に収入のない人はキャッシングを行う事が出来ないと言う事なのです。

それでは、専業主婦の人はキャッシングを行う事が出来ないのかと言うと銀行系のキャッシングの場合、行う事が可能です。これは、総量規制が適応されない為、収入のない専業主婦でもキャッシングを行う事が可能になってくるのです。ただし、その金額は少額になっている事が多く、最高50万円までとなっている場合が多くなっています。

この他の両者の違いとしては、審査の難易度にもあると言われています。比較的、消費者金融の審査の方が甘く出る傾向にあり銀行系のキャッシングの場合は、難しくなっているようです。

しかし、その分、金利においては、銀行系のキャッシングの方が低金利になっている事が多く、審査を通過する事ができれば、安い金利でキャッシングする事が可能になっています。

このように、同じキャッシングにおいても消費者金融と銀行系では多少異なってくる事があり、その中で自分にあった方法を選択する必要があると言う事が言えると思います。

キャッシング審査比較ランキング|TOPへ

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です