カードローンを利用する為のキャッシング審査比較サイト

最終更新日:2020年09月22日

果たしてアルバイトや派遣などではキャッシング審査では厳しいか

職業に関する属性は、とても多彩です。何も正社員だけではありません。

例えばアルバイトという雇用タイプもあるでしょう。もちろんパート勤めなども雇用タイプの1つですし、派遣社員という働き方もあるのです。そうかと思えば業務委託という働き方など、それこそ色々とあります。
それでこういった働き方に関する状況は、キャッシング審査の基準の1つなのです。それだけに一部の方々は、審査に通るかどうか不安になっている事もあります。

基本的にキャッシング審査では、正社員の方々を一番高く評価する傾向があります。逆にアルバイトなどの働き方では、評価点は少し下がる傾向はあるのです。

それで問題は、アルバイトとして働いている方々です。現在はその雇用タイプで働いているので、本当にキャッシングで借りる事ができるかどうか、不安になってしまうケースもあります。現にアルバイトの方々は、審査で落とされる事はたまにあるのです。そういう事例がある事を聞きますと、アルバイターとしては心配になってしまうでしょう。派遣やパートの方々も、同じ理由で不安を抱えている事があります。
では現実は難しいかと言われれば、そうとは断言できない一面もあるのです。現にそういう働き方でも、問題無いケースはあります。

そもそもキャッシングというのは、働き方だけで全てを判断される訳でもありません。現にアルバイトとして働いている方々が、金融会社で申し込みを行った結果、特に問題なく借りる事ができているケースもあります。

というのもキャッシング審査では、複数の項目を確認される事になるからです。例えば会社の安定性などがあります。
そもそも人によっては、非常に安定した会社で働いている事もあるでしょう。上場企業でお勤めの方々などは、とても多く見かけます。

ところで上場企業などは、一般的にはかなり安定度が高いと見なされているのです。ですから上場企業でお勤めのアルバイターの方々などは、かえって中小企業の正社員と比べると、通る確率が高い事もあります。ましてそういう会社で長く働いているアルバイターなどは、それなりの確率で審査に通ると考えて良いでしょう。ちなみに派遣社員なども同様です。

要するにアルバイターや派遣という働き方だからといって、借りるのは難しいとは断言できない訳です。確かに正社員よりは不利になる事はありますが、それよりも他の勤続年数などの要素の方が、遥かに重要度は高いと考えて良いでしょう。

キャッシング審査比較ランキング|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です