カードローンを利用する為のキャッシング審査比較サイト

最終更新日:2020年12月01日

利用するキャッシングによって審査基準が違うことがあります

無担保で行えるキャッシングには大きく別けて、一般のカードローンのような形のキャッシング、更に女性専用キャッシング、そして学生ローンと呼ばれる学生だけを対象にしたキャッシングがありますが、これらの種類によって審査基準が変わることがあります。

一般のキャッシングと比較すると、女性専用キャッシングは限度額が抑えられている傾向にあります。少額専用の契約のこともあり、最高でも30万円までといった場合もある為、審査に通過しやすいこと多いですが、これはあくまで契約する限度額が低いからに他なりません。

30万円が限度の女性専用キャッシングの審査と、一般のキャッシングに30万円で申込みを行った場合の審査基準はほぼ同一だと考えてください。女性専用だからといって審査が甘くなるようなことはありません。このことから、無理に女性専用キャッシングを利用せずに、女性であっても一般のキャッシングを利用した方が限度額の面で便利かも知れません。

では学生ローンの審査はどうかと言うと、この場合は一般のキャッシングや女性専用キャッシングとは多少話が変わり、審査に通過しやすくなる理由が存在することがあります。それは、親の勤務先や年収面です。

学生ローンでは、申込み時に両親についての情報も必要になります。分からない部分は記入しなくても構わないことがほとんどですが、誰もが知っているような大企業に勤務している場合などにそれを記入すると、審査に通過しやすくなることがあるのです。

この学生ローンを利用するには、本人にアルバイトなどによる収入があることが条件です。原則的にはその収入で返済を行っていくことになりますが、学生という身分の為、まだ両親の保護下にあると判断されます。つまり、いざとなった時には両親が助けてくれるだろうということも前提で審査を行っているのです。その為、両親が有名企業に勤務していたり、地元の名士などの場合、それが審査で有利に働く訳です。

キャッシングの契約は学生であっても申込みをした本人が行い、返済もその本人が責任をもって行う必要があります。そして、審査基準も特に一般のキャッシングと変わることはありませんが、学生ローンではその本人を助けてくれる人の存在まで審査の要素に加えています。これは学生ローンならではの特徴だと言っていいでしょう。

このように、女性専用キャッシングは一般のキャッシングと比べて特に審査基準が変わることはありませんが、学生だけが利用できる学生ローンでは両親の存在が少なからず審査に影響を与えます。学生でキャッシングを利用しようと考えている人は、条件次第では一般のキャッシングより学生ローンの方が審査に通過しやすいかも知れないということです。

キャッシング審査比較ランキング|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です