カードローンを利用する為のキャッシング審査比較サイト

最終更新日:2020年09月22日

サラリーマンは金はないが信用があるのを使わないと損です。

最近、会社がらみで冠婚葬祭が続いています。それはそれでめでたいこともありますし、逆に悲しむべきことのこともあります。

いずれしても、人の集まりで、手ぶらでいけず何らかのお祝い、香典、ブレゼントが必要であり、集まりに参加すること自体にもお金が必要なことが多いです。そうなると給料前一週間というと2万円ほどしかないのが普通のサラリ-マンの台所事情なので、全然足りないということになるのです。そんな時に、会社の同僚も無家族、友達に借りるという手もありますが、何も人に弱みを見せる必要はありません。

キャッシングすればいいのです。キャッシングはそんなときの為にあるのですね。

昔は借金するのに、借金の方に何か物品を融資先に預けたり、返せなくなった時に代わりに借金を払ってくれる保証人を連れてくる必要がありました。今もそのシステムは一部には残ってはいます。

ただ消費者金融、昔のサラ金は開始いい当てかどうかの信用具合を、どこに勤めていてきちんきちんと毎月月給が入るかということを見ることで確認を行います。いくら大手の上場1部の会社に勤めていても、月給はしれています。福利厚生とか、退職後のサポ-トとかは素晴らしく良くても給料ではそんなにとびぬけるわけではありません。でも、信用度合いは飛びぬけています。ここを利用しないのは非常に勿体ないです。

何もいらぬ金を借りる必要はありませんが、必要なお金は少し借りてすぐに返すということを行うことは良い会社に勤めているものだけの特権といえるでしょう。

バイトとか学生では非常に厳しい貸付審査が、サラリ-マンの場合簡単にクリアするから不思議なものですね。それは金融会社が、申込者と同時に申込者の勤めている会社を審査するから起こりうることなんですね。

法律がかわり融資側は、申込者の年収の1/3以上の貸出しを行うと罰せられるようになっています。以前は他社から借金をさせて返済させるというとんでもないやり方がまかり通っていました。でも今はあり得ない話になっています。

したがって、融資会社から断られたらとんでもない借金をしようとしていると自覚するべきでしょう。

キャッシング審査比較ランキング|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です