カードローンを利用する為のキャッシング審査比較サイト

最終更新日:2019年11月18日

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードを申し込む時、カードにキャシング枠が付く場合があります。

それでキャッシングも申し込むと審査が通らなくなると思って、キャッシング枠を申し込まない人が多いですが、それは勘違いです。

クレジット枠とキャッシング枠は審査が別々でして、キャッシング枠が駄目だったとしてもクレジットの契約が出来てクレジットカードが発行されます。だから申し込むなら両方申し込んでキャッシング枠も付けておいた方がいいです。

ただ貸し出しの枠はクレジットとキャッシングを両方合わせて計算します。だからその人の信用でクレジットキャッシングの合計額が決まり、クレジットの額を多くするとその分キャッシングの枠が減ります。

だから他のカードローンの会社なら30万円借りられるのにクレジット会社はキャッシング枠が10万円しか付かないということが良く有ります。それでもクレジット枠を合計すれば、他のカードローンの会社と同じくらいかそれ以上になります。

貸金業法が改正されて総量規制が始まってから、カードローンは年収の3分の1までしか借りられなくなりました。それでクレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象となっています。

それで年収が少なかったり他にもカードローンを借りていると、場合によってはキャッシング枠を減額になる場合があります。すでに総量規制が始まった後ですから、今持っているカードのキャッシング枠が減額になっていないなら、問題は無いです。

そのままの枠で利用が出来ます。そしてクレジット枠は総量規制の対象外ですから年収制限は無く、クレジット枠は増やすことは可能です。ただ他でクレジットカードを申し込む時に前よりも年収が減っていると、その年収で信用情報が登録し直され、他社との合計が年収の3分の1を超えていると判断されれば、キャッシング枠が減額になる場合があります。だから過去に申し込んだ時よりも年収を減らさないようにして申し込む必要が有ります。

キャッシング審査比較ランキング|TOPへ

3 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です