カードローンを利用する為のキャッシング審査比較サイト

最終更新日:2020年11月30日

キャッシングを利用しやすくするための情報

キャッシングを利用するためには、まずは審査を行う必要があります。その心され可決されたことが限定で、業者が許容してくる金額まではキャッシングすることができます。

ただし、審査の過程というのはどのような内容をもって行っているかなどの情報も含めて開示される事はありません。ですが、ある程度信用度を増すための情報作りというのは意外と可能なのです。

その情報作りと言うのは、クレジットヒストリーと呼ばれるものを作ると言う意味合いです。

クレジットヒストリーと言うのは、その名の通り過去のクレジット情報(ローン契約、割賦契約)のことをいいます。

1番身近で言うクレジットヒストリーは、例えばクレジットカードの審査の可決歴携帯電話の割賦の審査可決暦各種利用料金の支払い実績などが挙げられます。

もちろん普段からキャッシングサービスなどを利用しようとしない方もいらっしゃるので、この情報がないからといって審査が不利になるわけではありませんが、このクレジットヒストリーと言うのは、審査が必要なサービスを過去に利用し、問題を起こしてこなかったということを証明する材料にもなりますので、審査を行う業者からすればとても信頼できる情報の1つでもあるのです。

逆に言えば、先述では審査に影響しないとお伝えしましたが、例えばそれなりの歳を重ねていらっしゃる方が、過去の数年間で1度もこれらのクレジットヒストリーがなかったとすれば、逆にこれらの情報を作ることができない何らかの理由があるのではないかと疑われてしまうきっかけにもなります。それが銀行系カードローンや大手消費者金融など、審査が厳しいと一般的に言われている業者の審査等においてはそのようにとらえられるケースは少なくないようです。

クレジットカードの利用等を除いても、いわゆるクレジットヒストリーの該当するサービスに一切触れずに生活をしていらっしゃる方と言うのはそうそういらっしゃらないかと思われますので、あまり気にする必要もありませんが、逆にそこを気にして丁寧にクレジットヒストリーを作り上げていくと言うのも、審査の攻略の方法の1つとも言えます。

例えば携帯電話の利用料金で未納を起こさないようにしたり、金融業者からの借り入れは規律通りにしっかりと返済をし続けるなどを続けていくことで、このクレジットヒストリーはドンドンと蓄積されていきます。

もし自分自身の現在のヒストリー状況を確認したい場合は、CIC等の信用情報機関で自分の情報開示するように要求すれば、手数料はかかりますが見ることもできます。

キャッシング審査比較ランキング|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です