カードローンを利用する為のキャッシング審査比較サイト

最終更新日:2020年09月27日

キャッシングの審査に通らないときの原因とその対策

キャッシングを利用するためには審査に通らなければなりません。審査に通らなければお金を借りることはできないのです。

キャッシングの審査になかなか通らないときにはどうして審査に通らないのかをしっかりと把握して、次回には審査に通るように対策をすべきです。具体的にはキャッシングの審査に落ちる原因は主に3つほど考えられます。

一つ目は総量規制に引っかかっている場合です。総量規制2010年の貸金業法の完全施行によって導入された制度で貸金業者からキャッシングを利用する場合には年収の三分の一までと貸付を制限する制度です。他の金融機関から借入があれば、その借入をプラスして計算することになります。

銀行での借入は総量規制の対象外ですが、年収の三分の一以上の貸付には審査が厳しくなることにはあまり変わりがありません。総量規制は法的な規制ですので、対策は大変ですが返済を続けていけば総量規制の金額までに余裕ができてくれば審査に通るようになります

二つ目はブラックリストに記載がある場合です。ブラックリストは信用情報機関の個人信用情報の事故情報や移動情報と呼ばれるもので、返済遅延や債務整理の履歴が記載されています。このブラックリストに記載があれば、キャッシングの審査にまず通らないと考えていいでしょう。ブラックリストに対する対策としては、ブラックリストから記載が消えるまで待つしかありません。ブラックリストに記載されている金融事故履歴が削除されるには5年から10年かかるものもあります。もう一つブラックリストに記載されるような金融事故を避けるようにしましょう

最後に他の金融機関からの借入件数が多い場合です。いわゆる多重債務者となっているということです。特に審査に通らない申込みを連続してすると、申し込みブラックと呼ばれる状態になってしまい、審査に通らないくなってしまいます。対策としては多重債務者になっている場合には一件でも債務を完済して債務件数を減らすことです。

申し込みブラックとなっている場合には半年間申込みを控えれば、申込み履歴は削除されますから申し込みブラック状態からは抜けられます。くれぐれも審査に自信がないという理由で連続して金融機関に融資の申込みをしないことです。

キャッシングの審査に通らないのはこれらの理由ですが、対策は簡単ではないのでまず考えなければならないのは審査に通らない状態にならないようにするべきなのです。

キャッシング審査比較ランキング|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です