カードローンを利用する為のキャッシング審査比較サイト

最終更新日:2020年09月27日

キャッシングが原因で債務整理となってしまったら

お金に困った時、何かと便利なキャッシングですが、返済には注意しなければなりません。もしも返済ができなくなってしまって金融事故となれば、業者に迷惑をかけてしまうだけではなくて、自分自身も困ったことになってしまうのです。

もしも本当に借りたお金が返せなくなってしまうと、債務整理を利用することになるでしょう。そして債務整理の利用者は、金融機関からは「借りたお金を返せなくなってしまった問題児」として認識されてしまいます。

つまり一般的に言われているように、ブラックリストに名前が載ってしまう状態になるということなのです。

ひとたびブラックリストに名前が載ると、そのままではどこのキャッシング業者も相手にしてくれなくなってしまいます。以前はあれほど便利に利用していたキャッシングでも、もう利用できないのです。

それはどれほど不便なことでしょうか。もちろん、銀行カードローンも住宅ローンも、それ以外のあらゆるローンも、申し込んでも審査落ちは確実です。それがブラックなのです。そんな悲しい事態を防ぐためにも、金融事故だけは起こすべきではありません。

しかし、債務整理によって失われた信頼も、本人の努力によっては回復する可能性も十分にあります。なぜならブラックリストに載った名前は、永遠に載り続けるわけではないからです。

何年名前が載り続けるかは一概には言えませんが、およその目安はあります。それは、任意整理であれば約5年以上であり、自己破産であれば約10年以上です。その期間、信頼回復のために地道に努力して健全な生活を続ければ、一応、みそぎは終了すると考えられます。

ただし注意しなければならないのは、たとえ無事にブラックリストから名前が消えても、それで必ずキャッシングの審査に通ると保証されるわけではありません。

ブラックではなくなるということは、それ以前の元の状態に戻るだけです。したがって審査は審査、通るか落ちるかは申し込んでみなければ分かりません。

キャッシング審査比較ランキング|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です