カードローンを利用する為のキャッシング審査比較サイト

最終更新日:2017年11月19日

キャッシング審査に絶対に落ちてしまう人とは?

キャッシング審査の場合、絶対に音てしまう人はいます。その人の場合、何度、審査の申し込みを行っても同じことなので必ず、改善を行ったうえで再度、審査の申し込みを行う必要があります。

まず、ブラックリストに載ってしまっている人の場合、一定の期間はキャッシングを利用する事ができません。ブラックリストに載るような事とは、以前の借金を踏み倒している人や滞納が続いている人などを指し、このような人の場合、まず、審査を通過する事は出来ないと言われています。

その他、借入金額が多い人や借入件数が多い人の場合も、キャッシング審査を通過する事が難しいと言われています。その為、このような人の場合は、少しでも借入金額、借入件数を減らしてから再度、キャッシング審査の申し込みを行う必要があります。とは言っても、新たにキャッシングを利用する必要のある人が借入金額を減らす事など出来ないかと思います。

その場合は、借入件数を減らすだけでも効果が期待でします。その場合、利用しているA社から追加で借金を行いB社の借金を完済します。そうする事で、借金総額はそのままでも、借入件数を減らす事が可能になり、結果、審査を通過する事が可能になる場合も十分に考えられるのです。

その他、キャッシング審査に必ず必要な在籍確認。この在籍確認が取れない場合も、審査を通過する事ができません。多くの場合、電話での在籍確認、書類での在籍確認となっており、電話での在籍確認が取れない場合、まず、審査に落ちてしまうと考えて間違いありません。申し込み用紙に明記された勤務先に本当に勤務しているかと言う事を確認する事が目的の在籍確認。その為、本人が電話に出る必要はなく、電話に出た会社の人が実際、在籍している社員であると言う事を伝えるだけでも在籍確認は可能になっています。

また、提出する際の書類に不備があった場合もキャッシング審査に通過する事は難しくなってきます。もちろん、故意でない書類の不備でも同じく審査を通過する事は出来ません。その為、必ず書き間違いなどがないかなど確認を行た上でキャッシング審査の申し込みを行う事をお勧めします。

以上が、キャッシング審査に落ちてしまう人の条件になっています。ブラックリストに掲載しているような場合は自分で何とかすると言った事は出来ないかと思います。しかし、その他の事ならば、いくつか努力する事で改善させる事も可能となっていると言えると思います。

キャッシング審査比較ランキング|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です