カードローンを利用する為のキャッシング審査比較サイト

最終更新日:2017年09月24日

キャッシング審査におけるスコアリングとは?

キャッシング審査を行う際、利用される審査方法にスコアリング方式があります。このスコアリングとは、いくつかの項目において点数化する事を指し、その結果、キャシング審査に合格か不合格かを判断する流れになっています。

まず、勤務先、雇用形態でもスコアリングされ、この場合、公務員や大企業の正社員に一番高い点数が加点されます。その後、中小企業の正社員となり、契約社員や派遣社員の場合、これらの下に属される事になります。

その上で、アルバイトやパート勤務の場合は、契約社員や派遣社員よりも低い点数が加点させる事になるのです。
その他、年収もスコアリングには重要なポイントになってきます。基本的には年収400万円以上あれば問題ないと言われており、その後200万円から400万円の分類と200万円以下の分類に分けられ、スコアリングされていきます。

また、勤続年数も信頼度を測る為に重要なスコアリングのポイントとなっており、勤続年数は長ければ長いほど高得点を取得すると言われています。その上で10年以上、5年から10年未満、1年から5年未満、6か月から1年未満と言った感じで区分され、勤続年数が6か月未満の場合は、かなり、キャッシング審査を通過するには厳しい状況になっていると言えると言われています。

その他にも、こんな事までスコアリングされるのかと思うような内容も多くなっています。例えば、住居形態もスコアリングされると言われています。一番点数が高い住居形態は持ち家となており、その中でも本人名義の持ち家が一番高い点数を得る事ができると言われています。もちろん、賃貸や公営住宅などの場合、キャッシング審査に大きな悪影響を及ぼすと言う事はありませんが、点数化される際は、持ち家と賃貸とでは点数に差が生じる事になってくるのです。

また、家族構成にも点数を付けられ、一人暮らしに比べ、家族と同居している場合や結婚し妻子がいる場合などの方が高い点数を得る事ができると言われています。この場合、借金を滞納する事で、迷惑をかける人間が多ければ多いほど、点数が高くなる傾向があるようです。

以上がキャッシング審査におけるスコアリングの内容になります。中には、審査前の努力次第でスコアリングの点数をアップさせる事も可能になっているものもあるかと思います。例えば、あと少しで勤続年数が増える場合は、我慢できるようなら少し我慢してから審査も申し込みを行うなどと言った事です。そうする事で、キャッシング審査に落ちると言うリスクを少しでも軽減させる事ができ、結果、いい結果を受ける事が可能になってきます。

キャッシング審査比較ランキング|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です