カードローンを利用する為のキャッシング審査比較サイト

最終更新日:2017年12月14日

キャッシングの審査に通りやすくするためにできることとは

キャッシングをする時に、多くの会社や銀行が審査を行います。消費者金融も銀行系のカードローンも審査基準というものがありますが、どういう人が審査に通りやすく、どんな人が審査に落ちるのか気になりますよね。特に今後キャッシングのお世話になるかもしれない、と思っている人であれば、できれば審査に通りやすくしておきたいものです。

まず消費者金融でキャッシングする際ですが、消費者金融には総量規制というものがあります。これは年収の3分の1までしかお金を貸すことができないと、法律で決まっているのです。

そのため、借りる人の年収によって限度額も異なってきます。消費者金融で注意すべきなのは、キャッシングをする時に専業主婦のように一定の収入がない人は借りることができない、ということです。つまり定職を持たない人は、審査に通りません。

一方の銀行系のカードローンですが、こちらは総量規制の対象外です。つまり年収の3分の1という規制がないため、審査に通ることができれば限度額が高額でもお金を借りることができます。

また消費者金融に比べて比較的利子率が低いところが多いのが特徴です。銀行系カードローンはキャッシングの審査の時に定職の有無も重要ですが、たとえ専業主婦でもかりることができるケースがあります。それは家族構成だったり、家族の職業によって判断されるからです。特に公務員などは審査が通りやすいのが特徴です。

他にも審査で注目されるのは、今までの個人情報です。例えば、携帯料金や公共料金の滞納があるかどうか、ここ数ヶ月の滞納歴、遅延歴、さらには奨学金の有無まで調べることができます。またここ数ヶ月の間に複数のキャッシングの申し込みがある場合は、場合によって審査が通りません。またキャッシングを申し込んだ時点で、

すでに数社から借り入れがある場合も、審査に落ちることがあります。このあたりの細かい規定は銀行によって異なるので、同じ条件でも審査に通る銀行と、落ちる銀行が出てきます。しかし共通するのは、今までの支払い状況や現在の借り入れ状況をすぐにチェックされるということです。もちろん借り入れ状況の返済についてもチェックが入ります。そこでトータルして判断して、審査が通るかどうかが決まります。

もし今後キャッシングをする可能性があるのなら、今あるべき支払いをきちんと滞りなくすることが重要です。それが信用情報となり、審査に通りやすくなる要因です。

キャッシング審査比較ランキング|TOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です